NURO光とau光の比較で分かる、光回線の選び方

2019年2月4日

NURO光とau光で迷ってるけどどっちがいい?光回線はどんな基準で選べばいいの?契約形態が複雑でわからない。お得なおすすめはない?

こんな疑問に答えます。

自己紹介節約歴5年、節約術にハマり色々な節約情報を収集しています。節約も自動化出来ると、本当に楽です。3児のパパが家計の為に奮闘してます。 クレジットカードの保有は30枚以上。早くから格安simを取り入れ、自宅回線も何度も変更しています。

光回線を選ぶなら

光回線と選ぶ場合、何を重視しているだろうか?勿論それぞれのこだわりがあることでしょう。サポート、価格、回線速度、セキュリティ。

すべてを備えている会社はありません。ですのでこの記事ではまず価格、次に回線速度を重視して調べた内容をまとめております。

ご期待に沿えなかった方申し訳ありません。ピンポイントでマッチングした方、是非この後もご覧ください。

価格を語る上で、光回線の場合避けて通れないのが、キャッシュバック・キャンペーン。これが非常に複雑です。今なら30,000円キャッシュバック!

本当に1年中やっております。

そのキャンペーンも踏まえて、今回は2社から選ぶのが妥当と考えました。

そして価格比較などで、良く出てくる価格.comなどはよく比較は出来ております。勘違いしやすいので念のため書きますが、あれは価格.comからの契約ならのランキングでしかありません。

どこから契約するかが価格に関しては、影響しますので、この後詳しく説明して言います。

契約方法

ネットワーク回線の契約に関しては、プロバイダと回線会社をどちらも契約する必要があります。

そんなの知ってるよって方は読み飛ばして下さい。

nifty・TCOM・BIGLOBE・RTI・So-netこれがauで契約可能なプロバイダです。

auを選ぶ、更にプロバイダを選ぶ。このどちらも選ぶのが基本的な光回線での選択になります。

例えば、フレッツ光、NURO光、au光、どれかを選んだ後にプロバイダである、so‐net、BIGLOBEを選ぶ形になります。

その組み合わせで値段は決まります。それそれ独自のキャンペーンやサービスを展開していますので、混乱しやすいと思いましたので説明させて貰いました。

そしてその前に付くのが、価格.comや販売代理店です。光回線契約には通常2社との契約だけで問題ありません。

そこに更にもう1社増やす理由はありません。その場合、もう1社分の利益を出すために料金は上乗せされます。その料金を払うのは、契約者になります。

払う必要が普通はありません。キャッシュバックが大きくなって得した気分になるかもしれませんが、その場合、月々の割引がなくなったりしていてトータルで支払う額は大きくなっています。

ですので、契約するのであれば、NURO光ならば下のバーナーなどから直接NURO光のHPに入り契約すると一番安い金額で契約することが可能です。

au光かNURO光の2択の理由

今回は価格をメインとしましたが、その他回線速度が優先順位の2番手です。その条件を満たし価格面でも優れているものを選びました。

光回線の普及率はざっくりと

1位・・・フレッツ光(40%)

2位・・・ドコモ光(10%)

3位・・・au光(10%)

となっております。

なぜフレッツがそんなに普及しているのかというと、代理店に多くの販売手数料を支払い契約を競って取らせていました。

「電気通信事業法等の一部を改正する法律」の施行に対して方針転換して、代理店への手数料を大幅に減らし、代理店を使った販売啓蒙をやめたのです。

そしてNTTが次に行ったのが、ドコモ光などの携帯キャリアの会社を使った販売です。これによりドコモ光などの光コラボの会社がシェアを伸ばしました。

しかし、これは以前のようなキャッシュバックや工事費の割引などがあまりできない状態になったのです。

その後、「電気通信事業法等の一部を改正する法律」に触れないようにNTTとは別に自社商品として独自回線を持った、au光やNURO光が出てきました。以前のように大きなキャッシュバックが可能な状態での運用です。

ですので今一番安い状態で契約できるのが、au光とNURO光などの独自回線の会社になります。

NURO光とau光の比較

価格で比較するなら

持ち家・・・NURO光

マンション・・・au光

以上です。究極です。価格ならばコレで決まりだと思いますが、この後詳しく比較していきます。

NURO光はプロバイダはso-netしかありません。

au光の場合のプロバイダはso-netかBIGLOBEが同じくらい安いですが、最安値はso-netになります。

わかりやすくどちらもso-netで戸建て契約した場合を比較します。そしてauであればそのあとのプランがいくつかあります。

・ずっとギガ得(3年契約)

・ギガ得(2年契約)

・標準プラン(契約期間なし)

それぞれのプランが月々の基本料が変わりますので、比較難しいです。それとギガ得プランの上2つは自動更新になっています。

1番月々の支払いが安いずっとギガ得と比較します。

NURO光 au光
月々の支払 4743円 1~30カ月目:3,950円
(工事費込み)
基本工事費用 1,333円×30 31~36カ月目:2,700円
以降:4,900円
契約事務手数料 3000円 3000円
キャッシュバック 30000円
月額割引 40,000円
3年間の合計金額 170748+39,990+3000-30,000-40,000 118500+16,200+3000
143,738円 137,700円
差額 6,038円得
その後の月々差額 157円

その後月々の差額がでるため、39ヵ月以降にはNURO光が特になります。使う期間によって損得が異なるため、考え方だと思います。

更に細かく比較するなら、地域で変わります。

NURO光対応地域ならNUROがおすすめです。

NURO 光のサービス提供エリア

【関東】東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬

【東海】愛知、静岡、岐阜、三重

【関西】大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

(一部地域を除く)

それ以外の場合はau光がおすすめです。

NURO光を選ぶ場合、ルーターが付いてくる

NURO光の場合は、ルーターレンタル代も料金に含まれております。レンタルを検討している場合は、auであれば月々500円が別途かかるため、料金比較ではNURO光が安くなります。

ルータもnバンドに対応しているルーターですので、2Gbpsを存分に発揮できるルーターになります。

ルーターによって出せる速度は異なります。注意してください。

私は2年ほどNURO光を使っています。今回ルーターが故障したので、その時のことを記事にしました。

参考になれば幸いです。

NURO光を2年使った感想とルーター故障時のNUROの対応実録

非常に丁寧な対応だったので好感が持てた話になっております。

まとめ

上で書いた色々な部分を検討して私はNURO光を使用しています。今回の故障で、契約自体を変えようかなと、再検討したのです。

再検討後、トータル的にはこのままNURO光が良いと考えました。それぞの環境によって選択する光回線のベストが違うと思いますので、この記事が一助になれば幸いです。