注目キーワード
  1. WEB
  2. デザイン
  3. SEO

ラクマ手数料無料→3.5%【それでも】メルカリとの比較と考察

恐れていた改悪が遂に

今までが異常だったと言えばそれまでですが、ラクマがついに手数料無料をやめました。

「販売手数料」改定のお知らせとして通知されております。改定日に関しては2018年6月4日10:00からです。

商品が売れた時の商品価格の3.5%です。

今までCMで手数料無料を売りにしていたのですが、顧客が一定数見込めたからの改悪なのでしょうか?

この記事でわかること・メルカリとラクマの比較

・手数料などの費用の比較

・その他細かい差異

メルカリとの比較

今やメルカリユーザー数は凄いことになっています。ダウンロードは5000万件、それに対してラクマはフリルと統合になりましたが、合わせても600+400万件と5分の1にとどまっています。

やっぱりメルカリ凄い。ラクマいまいちとこの段階で判断はやや軽率です。利用者数が多い=よく売れるということではないと思います。

単純に考えると売り手も多いですから、買い手の目に留まる確率は同じになると思います。商品があり過ぎると自分の商品が見てもらえない可能性もあります。

そして競争率も単純に高いです。値崩れが起きやす状態であると考えてもいいと思います。

それよりもダウンロード数が、信頼につながり更に利用者数を伸ばしていることと思います。

しかし、若年層の利用も多いため、ややマナーが悪いイメージもあります。もちろんマナーの良い方もたくさんいますが、個人個人です。

手数料その他比較

では比較になりますが、ユーザー数は圧倒的でしたが他を比較します。

メルカリラクマ
ダウンロード数5000万1000万(ラクマ+フリル)
販売手数料10%3.5%
振込手数料1万円未満216円/1万円以上無料216円/1万円以上で楽天銀行は無料
売上金振込申請期限90日365日
配送らくらくメルカリ便ラクマ定額パック

特筆すべき点は赤にしましたが、やはり販売手数料です。そして地味にじわじわ効いてくる申請期限です。

売るものが大量、かつ値段の張るものがラインナップされているのであればいいのですが、売るのもが常ににあることは通常ないです。

1万円までいけば手数料がなくなるので、そこまで頑張りたいですが、3ヵ月では厳しいです。

そして手数料。10%は非常に大きいです。

今回adidasのTシャツを出品していますが、ラクマと同時にメルカリでも出しています。3000円と3195円で出しています。

6.5%の差があるので、こんなふうに出品すれば同じ金額になります。この195円の差額でも売れたらメルカリは優秀ですね。買い手は損しますけど。

仮に、1000円で買った物を1000円で売ったとしましょう。大きさにもよりますが、送料と手数料、売上金手数料で比較します。送料は350円とします。

販売価格1000円1000円10000円10000円
 アプリラクマメルカリラクマメルカリ
販売手数料35円100円350円1000円
送料350円350円350円350円
売上金引き出し手数料210円210円210円210円
利益405円340円9090円8440円

聡明な皆様ならわかると思いますが、同じ利益を出すなら売値を変えなければならないです。そしたら売れずらいです。

ということで、今度同じ物が2個ある状態で同時に出品してどうなるかを試したいと思いますが、無事売れたら記事にしたいです。

ほんとでも、1000円のものが340円にしかならないのは寂しいですね。

売上金振込申請期限

私が利用していて助かっているのが、ラクマの売上金振込申請期限が長いことです。実はどちらでも現在売上金をもっている状態です。

最初はこの売上金振込申請期限は私の場合はノーマークでした。しかし商品が売れると必ず気になるというか必要な情報です。

現在の私の状態は、メルカリ2165円とラクマ5651円になっております。ここではラクマの方が売れやすいとかいう話は置いておきます。

大した金額ではないので、そのままにしてあります。わざわざ手数料を払って現金を得るよりも、アプリ内で売っているものを売上金から購入しようとしています。

しかし、欲しいものが思ったような金額で出品されなかったり欲しいものがなかった場合に期限を気にしながら、やきもきしなければならない。

期限切れにならないように、リマインダーを設定しました。これが結構ストレスです。

これに対してラクマは1年の期限があるので、かなりの期間プールしておくことが可能です。

地味にありがたいですし、余裕を持って1万円(手数料無料)まで貯めたり、商品がでるまで待つことができます。

今回はメルカリの売上金振込申請期限が来てしまいました。残念ながらこのタイミングで欲しいものがないため、振込にします。

振込の期間に関しても、メルカリは1週間かかります。ラクマは楽天銀行にしましたが、翌日に振り込まれました。

手数料が210円になりますので、実質今回は20%くらいの手数料がとられてしまいました。販売手数料+振込手数料です。

売れまくっている場合は関係ありませんが、私のようにあまり売れていない状態ですと手数料20%という悲劇も起きます。

気を付けて下さい。

使い勝手、操作性

メルカリの出品時に送料が確認できる画面が出てきます。これがラクマにはありません。一覧で見れて非常に便利です。

出品時に価格設定するのにも、送料は非常に重要になるのでこの一覧画面はユーザーに優しい出品しやすい作りになっています。

また最後に実際の利益も見れるようになっているのも、メルカリのシステムでいい事ですね。

ちなみに、配送に関しては名称はメルカリ便とフリル便と違いがありますが、送料は同じです。

追随しているラクマがシステムや送料をまねしているところがありますね。匿名性や宛名書きの省略はヤフオクに慣れている私からは衝撃でした!

最後に紹介コード張っておきます。登録まだの方はお互いにフリマアプリの中で使えるポイントが貰えます。よろしくお願いします。

ポイントについて

ポイントに関しては、ラクマが圧倒的に使い勝手が良い状況になっております。

メルカリのポイントはメルカリでしか使用することはできません。以前はアッテがありましたがサービス終了しております。

それに対してラクマのポイントもラクマポイントはラクマの中でしか使用は出来ませんが、楽天ポイントをラクマの中で使用すこと出来ます。

1ポイント1円として50ポイントから使用することが可能です。購入時に選択することが出来るようになっており、上限は30000ポイントまでです。

紹介コード

登録がまだの方はぜひこちらから登録を、ポイントをお互いに貰うことが出来ます!

ラクマ   【 qaOwO 】

メルカリ 【 WZKJEW 】

かんたんラクマパックの利用に関しても改悪

しかし、改悪はそれだけではありません。

かんたんラクマパックまでも改悪されました。かんたんラクマパックに関しても以前記事にしています。

ラクマの「かんたんラクマパック」が便利で【安い】送料徹底比較!

このなかでもかんたんラクマパックは絶賛しております。普通に送るよりも断然に安いのと、補償があるからです。

しかし、その利用に関しての条件が今回組み込まれました。

内容は、配送方法によって利用できる商品の最低価格が決まる。

配送方法利用可能な価格
ネコポス300円以上
宅急便コンパクト550円以上
ヤマト宅配便1555円以上
ゆうパケット300円以上
ゆうパック1555円以上

と変更になりました。

これは非常に面倒です。出品価格は毎回考えさせられますが、これによって更に考えて値段設定をしないといけないかもしれません。

まとめ

改悪はありましたが、総合的にはまだメルカリに比べてラクマの優位性が保たれている印象です。

ラクマ利用の最大のデメリットは、利用者数だったわけです。それに関してメルカリのアドバンテージを減らせたと見込んでの改正なのしょう。

私の体感ではまだまだラクマ利用者はメルカリに比べると少ないと思いますが、利用者数と売れるは必ずしも比例しないとも思います。

私はまだまだラクマ押し。

売上金振込申請期限が重要だと思います。純粋に売り上げ金を現金で貰いたい方には振込手数料が痛いと思います。

皆様はどちらをメインでご利用されますでしょうか?

ラクマは今後後発の強味として、いいところは真似して使いやすくしてくれそうです。

ほとんど使い勝手には変わりがなくなってきているので、違いは手数料とユーザー数と売上金振込申請期限です。

売上金振込申請期限は以外と重要になります、売りたいものが沢山ない場合売ったお金は手数料を払って振り込まなくてはなりません。

今回はラクマの改悪もありましたが、まだ6.5%の販売手数料の差は大きいです。これ以上手数料を上げないでほしいですが、どうなるのでしょう。

最新情報をチェックしよう!