【コスパ最強】3万円台ミッドレンジスマホ比較表「2020年版」

・ミッドレンジのスマホでコスパ高いのはどれ?
・カメラもこだわりたい!
・3万くらいで納めたい

あいぎし
中華スマホマニアで節約ブログ運営者の私が、こんな疑問に答えます。

もはやスマホも破壊的イノベーションが起きていて、ハイレンジスマホは要らなくなってきました。

ミッドレンジスマホで、十分にストレスなく使用することが出来ます。

その中でも僅差で迷った、機種の比較表を作りました!

ミッドレンジスマホ比較表

Oppo Reno Aは液晶の画素720 x 1600が粗いので除外。

TCL Plexmoto g8 plusOppo Reno A
29,800円(amazon)32,523円(楽天book)35,700円(BIGLOBE)
画面6.53インチ6.3インチ6.4インチ
1080 x 23401080 x 22801080 x 2340
カメラ48MP48MP16MP
F値/1.8F値/1.7F値/1.7
メモリ6GBメモリ4GBメモリ6GBメモリ
CPUSnapdragon 675Snapdragon 665Snapdragon 710
ベンチマークAntutu7:174000Antutu7:143000Antutu7:170000
バッテリー3820mAh4000mAh3600mAh
充電2.0, Type-C 1.02.0, Type-C 1.02.0, Type-C 1.0
18W急速充電15W急速充電なし
重さ192g188g170g
防水非対応IPX2(防滴)IPX 7(防水)
非対応バンドauプラチナバンド
au 3G
au 3Gau 3G

CL Plex

au系simを使っていなければ、間違いなく最強レベルのスマホです!

発売当初はこれが2万円前半だったので、驚きです。

唯一3万円を切っており、すべてが高いレベルを保っています。

moto g8 plus

カメラとバッテリー容量が高く、値段も真ん中!

バランスがとれたスマホですね。

Oppo Reno A

値段の高さは、防水IPX7とNFC, Felica(おサイフケータイ)のせいでしょう。

IPX7ということは、水深1メートルにおいて30分間沈めても影響なしなので、お風呂場に持っていくことも可能ですね。

コスパ最強スマホまとめ

どれも一長一短あって面白いですが、私はお風呂くらいは目を休める目的でもIPX7は要らないかな。

TCL Plexは新しい会社ですが、今度も伸びてきそうなので、是非購入してみたいところです。

コスパ最強】3万円台ミッドレンジスマホ比較表「2020年版」-min
最新情報をチェックしよう!