格安simは【速度・安定性】で選ぶのが正解!厳選3社!

2019年2月5日

スマホ料金が高すぎる。格安simって安いって聞くけど大丈夫?格安simを選ぶときはどこを判断基準にすればいいの?

こんな疑問に答えます。

自己紹介節約歴5年、節約術にハマり色々な節約情報を収集しています。節約も自動化出来ると、本当に楽です。3児のパパが家計の為に奮闘してます。 クレジットカードの保有は30枚以上。電子マネーや他のお得情報にも精通しています。

通信費

人生で3番目に高い買い物、通信費です。1位「家」2位「保険」3位「通信費」

私の同僚は、月12000円ほどスマホ代が掛かっているそうです。私は妻と2人で4200円。信じられないくらいの差額です。

プランにもよりますが、単純比較をすれば、6人家族で72000円と12600円となり、差額59400円です。年間差額712800円

妻を扶養内でパートに出していた場合、ほとんどなくなるくらいの差額差です。スマホの為に仕事をしているようなものです。やる気なくします。

一回見直しておきましょう。一度やってしまえばあとは放置でもいいのです。今docomoとかを利用してるのも、放置状態だからですよね。

節約を始めるにあたりここが最初の関門となり、かなりの年間差額を得れると思われる部分です。

支払いもクレジットカードなら更にお得になります。

リクルートカードの最強の使い方【nanacoコンボ】評判は言うまでもなく

クレジットカードを今回作っていただいた方は、是非通信費の支払いは今回作ったクレジットカードに変更しましょう。

支払えるものすべてクレジットカードにすることが節約へ近道です。

simとは

色々な会社から格安simが販売されています。simってなに?って方向けに書いてる記事ですのでご安心下さい。スマホでもガラケーでも必ず使わなくてはならないのがsimです。

電話やネットに接続するのに必要なカードです。このsimが携帯について初めてスマホ、電話として機能します。これを使う為に月々お金がかかるシステムなんですね。

格安simとは

先ほどsimの話はしましたが、今度はそれを格安で、具体的には1000円以下で使ってしまおうぜって話です。

最近では結構CMでもやっていますね。マイネ王!とかにゃんきゅっぱとか。

格安simにもイロイロと種類があるのですが、選ぶのが凄く難しいです。料金、契約形態、値段、回線速度、安定性。それを10社以上の中から選び倒すのはハードルが高いです。

選ぶポイントがいくつかありますので、あとで紹介しますが。もういいよ、おすすめのやつでいいよ。って方は

私も使っているsimをおすすめします。

老舗で安定感・速度で選ぶなら。UQ mobileです!

いや比較検討したいという方は続きを見て下さい!

格安simを選ぶ時の注意点

色々と注意点があるので、お話していきます。

信頼性

格安simと言われているもので、注意しなければならないこと。

信頼性の高さです。

色々なsim会社がありますが、新参者は半年とか使っていたらいきなり速度が落ちてしまい使い物にならない。ってことがよくあります。

安い早いで集客してしまい、利用者の増大に対応できなくなったパターンですね。

そして辞めようと思ったら解約に縛りがあって違約金。

安くした意味がありません。

通信速度

格安simの最大のデメリットとしては、速度が遅くなることです。

格安sim会社にも2パターンあります。サブブランドとそうでないもの。

サブブランドというのは大手のauとSoftbankの子会社です。docomoのサブブランドはありません。

au=UQ mobile

Softbank=Y!mobile

その2社は圧倒的に速いです。そしてお値段は格安simの中ではやや高め。

それ以外は全部同じ格安simです。

値段はサブブランドよりも更に安いです。

差が出るのは12時

速度は普段使う分には問題ないのですが、問題は12時です。お昼の時間帯が圧倒的に速度差がでます。

利用人数が1日の中で一番多いのです。その時に速度が落ち込みます。

具体的には

本家docomo 15M

UQ mobile・Y!mobile 10M

iijmio 0.3M

凄い差があります。9月に速度差別禁止義務化になった後も、この辺は変わらないので今後も同じでしょう。

15と10では体感では感じることはありません。大量のファイルや動画を、ダウンロードでもしない限り感じないでしょう。

しかし0.3Mとなると、サイト閲覧でもやや遅く感じることがあると思います。動画を見る場合はややかくかくする可能性もあります。

12時でないければ、20時のような準混雑時間でも2M程度の速度を保てています。

出来ないことがある

格安simではできないことがあります。キャリアメールです。

キャリアメールとはdocomoに貰えるメールアドレスです。ガラケーの時はこれがメインでしたね。

この○○○○@docomo.ne.jpのメールアドレスが必須の方は格安simは使うことができないですね。

line使ってるからいらない。って方なら問題ないですが。通常使用できないです。どうしても仕事柄必須って方は注意して下さい。

しかしマイネオのメアドは貰えます。

通話をたくさんする人には向かない

これも注意です。通話が多い場合は、3大キャリアのかけ放題プランの方が得なことがあります。

最近はかけ放題プランがある格安sim会社も出てきましたので、このあとまとめています。

キャリアサポートがない 初期設定が必要

3大キャリアのように各地域にショップがありません。トラブルがあった場合に、懇切丁寧に教えてはもらえないです。

またsimが届いたときに少しだけ設定が必要になります。携帯の機種によっては、差し込めばいきなり使用可能なものもありますが基本的には初期設定。APNの設定が必要になります。

しかし!そこまで難しくはありませんし説明も同封されています。

料金について

mineoは月々1600円からスマホが使えちゃいます。これは3大キャリアを使っていた人からは衝撃じゃないでしょうか?最低価格での話です。

お勧めは3GBプランですね。勿論ライフスタイルに合わせた契約になりますが。

3GBの場合であれば1,600円です!かなり通信費用が抑えらるのではないでしょうか?節約術としてはかなり優秀です!

3GBでできること

テキストメール100文字であれば100万通送ることができる。一般的なホームページの閲覧であれば20000回。yotuubeなどの動画であれば12.5時間が再生可能(360p)

line電話で1分の通話に使う通信料0.3MB。3GBあれば166.66時間の通話が可能。あまり需要はないかもしれませんが、lineビデオ通話の場合1分あたり5.13MBを使用。9.74時間出来ることになりますね。

3GBといえどかなりのことができちゃいます!私も家に帰ればwifiがあるので、実際には1ヵ月で2GBしか使ってはいません。

安くなるのは間違いないんです。

使用するスマホについて

これが注意事項の最重要かもしれません。対応していないスマホがあるわけなんです。一覧がHPに乗っています。

そこの契約したいプランを選択します。

使用している携帯を選んで契約しようとしているプランに対応しているか確認して下さい。

ほとんどのスマホには対応していますが、確認しておけば間違いありません。

以上を踏まえておすすめの会社

速度重視なのか、料金重視なのか、でわかれます。

一覧にしました。

sim会社 UQ mobile Y!mobile iijmio
3G 通話プラン 1680円 1年目1980円/2年目2980円 1600円
回線速度 12時平均 17.15Mbps 13.76Mbps 0.3Mbps
年間平均 16.18Mbps 24.10Mbps 3.73Mbps
自動更新あり あり2年 あり2年 なし(最低12ヵ月)

回線速度参考URL:http://speed.rbbtoday.com/

UQ mobile(速度)au端末のみ

au系になります。格安simの中では圧倒的な速度。

基本3Gプランなら月1680円から。

料金プランも色々あります、そして顧客満足度がやたらと高いのが有名。大手と変わらない速度がでて、安くなるので満足なのでしょう!

2年の自動更新。

通話に関しても5分間の無料通話が付いています。+1000円でデータ無制限プランも。無制限プランは速度0.5Mです。注意。

Y!mobile(速度)

こちらもUQmobileとほぼ変わりなく速度が出ています。少しだけY!mobileが遅いです。

yhaooの利用が多かったり、yahooプレミアム会員が無料で付いてくるのでYahoo関連をよく利用するのであればコチラがいいですね。paypayなんかもこっちです。

1年目月1980円、2年目月2980円

2年の自動更新。

UQmobileよりも高いです。

後月+1000円で通話がかけ放題になるので、通話が多いのであればこっちです。

iijmio(料金)

3Gの音声プランで1600円。

ほとんど料金でのアドバンテージがなくなってしまいました。昔は最安値だったのですが、私は今でも使っています。そろそろ潮時かな。

キャンペーンが頻繁なところと、選べる端末が安くて多いってことが特徴です。

あとは自動更新はなし!最低利用期間の12ヵ月を過ぎれば、違約金もなし

後、長期利用のメリットも少しはあります。少しです。

通信費の見直しで得れる年間差額

これに関しては色々なサイトで検討されていますね。今更感もあるのですが、今回格安simを検討している同僚のために書いておきます。

今回検討している同僚の月々の支払は、12000円とのこと。。。契約キャリアはdocomo。大手ですね。

これは高い。なぜかタブレットも一緒に契約しているようです。今回は中途解約となりそうですが、その辺も合わせて検討します。

「違約金」ですが2種類あります。

2年縛りの違約金 docomoの場合なら10260円です。

また月々サポートの残差になります。サポート自体は3000円の値引き×残月。今回は契約したばかり。16ヵ月残っています。48000円です。

合わせて58,260円の違約金が発生します。

発生しないタイミングであればこれがかかりませんが、それを待つよりも格安simにし直すことでの恩恵の方が大きいです。

仮に今回私のお勧めするmineoにする場合で検討します。後で詳しくやりますが、3Gプランで1600円です。

これしかかかりません。通話ももちろんできます。

差額は

12000円-1600円=10400円

残り16ヵ月ですので166400円

166400(差額)-58260(違約金)=108140

約11万円近くの節約になります。

単純に年間差額では124,800円ですので。そのあとはずっとずっと124,800円得します。

ここで今までの年間の節約想定実績は(クレジットカードはポイントです)

クレジットカード 36,000円

通信費 124,800円

合計 160,800円

これを仮に生涯行った場合。

33歳の女性平均寿命87歳ですので。残り54年。

8,683,200円となります。868万円です。もう絶対やりましょう。損しまくりですよ。

いかがでしょうか?勿論想定通りはいかない可能性はありますが。これだけ節約できるポテンシャルはあるんです。

特に通信費が大きいですが、通信費に至っては確実に節約できます

これ以降は格安simと言われるものの説明になります。少しだけ難しいです。頑張りましょう!

まとめ

料金が安くなるのは間違いないのですが、設定や通信速度などのデメリットをしっかりと理解して上で格安simに手を出したほうがいいです。

一歩を踏み出すのが非常に重いかもしれませんが、一回やってしまえば、毎月毎月物凄くお得にスマホを使うことができます!その煩わしさの後には月々のお小遣いが増える形で戻ってきます。

細かいやり方などは、公式サイトに懇切丁寧に書いてあります。心配しないでも普通に乗り換える事はできます

ぜひ面倒とあきらめずにチャレンジして見て下さい!

スマホ

Posted by torutoru